ヘルシーな飲み物kombutyaの作り方

ヘルシーな飲み物kombutyaの作り方

kombutyaは、SCOBYという種菌があれば手軽に作れます。SCOBYは自家製kombutyaを作っている方に株分けしてもらう方法がありますが、SCOBYと紅茶がセットになっているスターターキットは、通販でも購入できます。
自家製kombutyaを作る時の容器は殺菌が簡単にできるガラス容器が便利です。

 

作り方はとても簡単で、熱湯殺菌したガラス容器にSCOBYと冷ました紅茶、砂糖を入れて常温で放置するだけです。暑い季節は発酵が早いのですが、寒い冬は時間がかかります。味見をして程よい酸味が出てきたら完成で、SCOBYを取り除いて冷蔵庫で保管します。

 

自家製kombutyaがあるといつでも好きな時に飲めるので、すごく便利です。ちょっと酸っぱくなりすぎたら、ドレッシングなどの料理に使っています。出来上がったkombutyadの中に3分の1ほど果物を入れてさらに発酵させると、フルーティーなkombutyaができます。

 

作り方では、容器が膨張して割れるのを防ぐために、時々ふたを開けて炭酸を抜くことがポイントです。イチゴ、リンゴ、レモンなど好みの物を入れて二次発酵させると、さらに微炭酸飲料っぽくなります。
手作りで気をつけたいのは、雑菌とカビです。作り方は簡単ですが容器や器具をしっかり除菌しないで作った物を飲んでしまうと、具合が悪くなる可能性があるので、変な臭いがしたりカビが生えてしまった時は残念ながら処分します。

 

完成までしばらく時間がかかるのでダイエットに使いたい時は、市販のkombutyaと併用して飲んでいます。